小林種苗のブログ

Home

小林種苗のブログ

珍しい野菜を育ててみませんか?赤い水菜、「紅衣」のご紹介!

皆さんこんにちは!

 

10月に入って、最近少し肌寒い気候となってきましたが、

いかがお過ごしでしょうか。

 

季節の変わり目、風邪を引かないように気をつけていきましょう!

 

今回は、そんな肌寒い今の時期におすすめの

世にも珍しい赤い水菜、弊社の「紅衣」をご紹介します。

 

 

赤い水菜ならタキイ種苗さんにもあるだって?

 

そうです、タキイ種苗さんの紅法師水菜は有名です。

しかーし、弊社の紅衣は紅法師とは全くタイプが異なります。

 

それがこちらです。

 

 

 

 

紅衣

 

紅衣は軸だけでなく、葉っぱも紅色に染まる紅水菜です!

 

紅衣 サラダ

 

普通の緑色の水菜と混ぜ合わせてサラダにすると、

コントラストがとっても綺麗で、毎日の食事がより楽しくなること間違いナシ!

 

赤色の葉物野菜と言ったらカラシナなどがありますが、

紅衣はカラシナとは違って辛味も無いので、

辛いものが苦手なお子様でも、楽しく美味しく、安心してお召し上がりいただけます。

 

 

気になった方は、今すぐチェックです!

 

小林交配 紅衣水菜

http://www.kobayashi-seed.com/shopdetail/000000005050/

 

湿害と病気に強く、栽培しやすい!おすすめのキャベツ品種、 「YR海舟」 をご紹介!

皆さん、こんにちは!

連日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日は、弊社おすすめの耐湿性・耐病性キャベツ品種、

「YR海舟」をご紹介します!

 

2012 055

 

こちらが、「YR海舟」です。

 

YR海舟は、定植後70日で1.5~2.0kgで収穫できる中早生キャベツです。

 

外葉は濃緑でコンパクト、裂球が遅く在圃性が高い品種で、

平坦地の初秋どりや、冷涼地の夏秋どりに適しています。

 

そしてこの品種のおすすめポイントは、何と言っても優れた耐湿性です!

 

大雨が降った後、排水性が悪い圃場などでは特に、

根から酸素を十分に吸えず、傷んでしまい、

株ごと枯れてしまったり、生育の遅れや、小玉になってしまいます。

 

しかし、「YR海舟」は根が非常に強く、これらの湿害にかなり強い品種です。

 

実は、弊社の研究農場は田んぼ土で、排水性はあまり良くないのですが、

そんな中でも、毎年元気に生育しています♪

 

さらに、萎黄病抵抗性で、黒腐れ病やべと病にも強く、

とても栽培しやすい品種です。

 

これら品種特性が認められ、

京都で開催されたキャベツの審査会では、1等に輝きました!

 

湿害と病気に強い「YR海舟」を、ぜひお試しください!

 

野菜の採種地、イタリア出張!

皆さん、お元気ですか?

 

今年4月に、ヨーロッパの国々を仕事で巡ってきました。

今回はその中で、イタリア&フランスをピックアップしてご紹介します!!

 

 

まずは、イタリアの採種地です!

イタリア採種地 イタリア採種地2
イタリア採種地3 イタリア採種地5

弊社では、キャベツやハクサイをはじめ、多くの野菜種子をここイタリアで採種しています。

今作は気候条件も良く、生育・開花も順調で、皆様に良質な種子をお届けできるかと思います!(^^)

 

特に弊社の耐暑性キャベツ茎カリフラワーなど、

甘くて美味しい野菜もたくさん採種していますので、

皆様にどんどん作っていただければと思います!

 

 

続いて、フランスのマルシェの写真です!

フランス2 フランス3
フランス4 フランス5

フランスはマルシェ(市場)の国。

どの町に住んでいてもたいてい日常的にマルシェが立ち、

新鮮な野菜や果物、地元の特産物などを求める人で、賑わっています。

 

マルシェこそフランスの伝統です!そして本当に活気があります!

また最近では、有機栽培の野菜の割合も増え続けているそうです・・・。

 

 

最後にパリのシャルル・ド・ゴール空港でのテロ未遂事件の現場写真です。

テロ2テロ3テロ4

丁度目の前でテロ未遂があり、ターミナルビルが一時通行禁止になってしまいました。

 

本当にごく当たり前の日常の中に突然テロは入り込んできます。本当に困ったものです。

おかげで危うく飛行機に乗り遅れそうになってしまいました。

 

とにかく、また近い内にシャルル・ド・ゴール空港へ訪れると思うので、

その時はテロ絡みの時間ロスも考えて、もっと早めに空港へ入らなければいけない!

・・・と一つ勉強になった出張でした。

 

はいさい 沖縄!

こんにちは!今回は沖縄県のレポートです。

 

3月ともなると、いつもならもう少し暖かいのですが、

今年はまだまだ肌寒い気候でした。

 

IMG_0310_1

 

ところで、沖縄県では多種多様な野菜の栽培が行われています。

その中でも生産量が多い野菜は、

キャベツ、ゴーヤ、レタス、カボチャ、キュウリ、トマト、等です。

 

弊社も色々な野菜種子を、沖縄県へ販売していますが、

その中でも耐暑性キャベツ(品種名:はやどり甘藍))に関しては、

ここ40年以上にわたってトップシェアを維持し続けています。

 

これもひとえに、沖縄県民の方々をはじめ、多くの皆様方のおかげです。

心より感謝申し上げます。

 

ところで以下の写真は弊社キャベツ達です。

圃場、集荷場、直売所、等で見かけたものです。

 

IMG_0280_2IMG_0306_5IMG_0285_3IMG_0304_4_2

 

又、広告も沖縄ならでは…の英語表記です。

 

ところで弊社のインゲン豆(品種名:オマリー菜豆)

県の指定品種になっております。

 

オマリー菜豆は、濃緑色の丸莢で曲がり少なく、品質極上です。

是非お試し下さい!

 

ちなみに皆さんは御存知ですか…?

 

関東では、莢に凹凸のあるタイプが人気があり、

逆に関西では莢がつるっとした凹凸の無いタイプが好まれるようです。

 

関東で人気(凹凸あり)

IMG_0278_6

 

関西で人気(凹凸なし)

IMG_0276_7

 

今後とも、沖縄県の農業に少しでも貢献出来る様に、頑張ります!

 

またやーさい!!(^◦^)/

※沖縄ことばで 『またね!!』

次世代施設園芸モデル団地

お久しぶりです!

今日は次世代の大規模トマトハウス団地を見学して来ました。

 

トマトハウス1

 

設立目的は、世界的な視点から、日本の農業強化策として、

国の主導の元、誕生したという事です。

 

大きなトマトハウスは合計2棟あり、それぞれ1.8ヘクタールのハウスに

約4500本のトマトが植えられています。

 

天井の高さは 6m もあり本当に圧巻です!!

 

トマトハウス2

 

又、このハウスは、最新型のトマト栽培施設で、

温度や湿度、光、二酸化炭素など、栽培環境を最適に保つために、

総合環境制御技術を導入されています。

 

トマトにとって最高の生育環境のもと、高い生産性も確保しています!

 

トマトハウス3

 

この写真は、収穫後の大玉トマトの写真です。

ツヤツヤと光沢があり、光輝いています。本当に肉厚でさわやかな美味しいトマトでした(*^~^*)!

 

最後になりますが、今日は  『これからの農業』  『農業の新しい形』  を、

垣間見る事が出来て、大変刺激を受けました。

 

日本農業の未来に乾杯!!

 

 

中国紀行

みなさん、お元気ですかー?

まだ寒さが続く中、弊社の社長や技術スタッフが、中国へと訪問して来ました。

IMG_0092_1IMG_0125_3

 

今回は、キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー、中国野菜、果菜類等の畑を、何日かにわたり巡回して来ました。

 

中国では色々な野菜が沢山栽培されていますが、

例えばキャベツ生産量は世界第1位であり、世界全体の約45%の生産量を誇ります。

日本の生産量の約14倍くらいもあるとの事です。

 

それと関係するのかわかりませんが、

中国では池や田んぼの土手にまで、びっしりとキャベツを栽培されています!Σ(゜○゜;)

IMG_0121_2

 

次はキャベツを収穫後、トラックに荷積み&輸送している写真です。

昔に比べて道路事情も良くなって、輸送時間もかなり短縮されてきたとの事です。

IMG_0150_4

 

ところで次の写真は弊社の新品種の写真です。

特徴としては、大変球の色が濃緑色で光沢もあり、とても美しく、その上在圃性もあり、

また低温伸長性もある為、肥大良好で大変重量も上がる寒玉系品種です。

現在中国マーケットでも、順調に伸びている、今後が楽しみな品種です。

IMG_0136_7

 

最後になりますが、弊社育成のF1ソフトカリフラワー『ドルチェオーレ』

収穫後、調理して皆で食べました。

本当に甘くて、やわらかく、美味しかったです(^▽^)♪

IMG_0164_6

 

それでは、また会いましょう!!

 

 

NHK番組の撮影が行われました

旧年中は大変お世話になりました。

本年度もどうぞよろしくお願い致します。

 

さて、先週末に、NHKの方々とドイツ人のキャスターの方が来社されて、

弊社でのインタビューと撮影が行われました。

NHK写真1NHK写真2

当日の撮影は、  本社  →  倉庫  →  研究農場  →  生産者の畑  の順で行われました。

 

幸い晴天に恵まれ、大変ありがたかったのですが、

この日はとても寒く、撮影部隊の方々にとっては厳しい一日であった…と思います。

 

本当にお疲れ様でした。

NHK写真3

ところで、この日の撮影は以下の日程で放送予定です。

 

2017年2月26日 (日曜日)

番組: COOL JAPAN 発掘!かっこいいニッポン!

放送局: NHK BS1

放送日時:18:00 ~ 18:44

【放送時間が変更となりました。お詫びして訂正させて頂きます。】

放送日時:2017年2月26日(日)午後5時~5時44分

再放送:3月1日(水)午後6時~6時44分

国際放送: (ワールドプレミアム) 翌月曜日 15:00 ~ 15:44

テーマ: 「世界に羽ばたく日本企業」

 

是非、ご覧下さい!!

 

 

 

台湾出張へ行ってきました

今年も残りわずかとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

先日、弊社の社長と研究農場スタッフが、台湾南部へ出張に行ってきました。

 

%e9%ab%98%e9%9b%84%e5%b8%82%e5%86%85pc210252

 

台湾南部は熱帯地域です。12月下旬でも日中の気温が30℃以上になることもあります。

 

pc190024pc190030

 

写真は、カボチャの栽培風景です。

全面を防虫ネットで囲んだ簡易ハウス内で、カボチャの玉を天井からを吊り下げて栽培されていました。

 

pc210241pc210230

 

こちらは、台湾のサトウキビ(左)とサツマイモ(右)の写真です。

 

サツマイモの写真をよく見ると、薄いピンク色の花が咲いています。

サツマイモの花は熱帯や亜熱帯の地域でしか咲かないため、

日本では滅多に見ることができません。(沖縄では見ることができます)

 

 

今回は商談と現地の視察を兼ねて、台湾南部へ出張に行ってきました。

これからも弊社は国内外を問わず、皆様にますます貢献できるよう努めて参ります。

 

2016′ APSA インチョン大会

皆さんお元気ですか?今回はAPSA(アプサ)インチョン大会で韓国に行ってきました。

APSA(アプサ)とは、Asian and Pacific Seed Association の頭文字でアジア太平洋地域における高品質種子の生産と取引を推進することを目的として、1994年に設立されました。

%e5%86%99%e7%9c%9f1

この度の大会も盛況で、インド、中国、オセアニア、アメリカ&南米諸国、ヨーロッパ&東ヨーロッパ諸国、さらに、アフリカ&中近東諸国からも幅広く参加されており、総勢約1400人強の大きな国際会議となりました。

%e5%86%99%e7%9c%9f2%e5%86%99%e7%9c%9f3
      
 %e5%86%99%e7%9c%9f4%e5%86%99%e7%9c%9f5

           
弊社も世界中のお客様と大変有意義な商談を行うことが出来、とても満足することが出来ました。

%e5%86%99%e7%9c%9f6%e5%86%99%e7%9c%9f7

        
これからも小林のタネを世界中に普及・販売する事を通じて皆様方に笑顔を届けることが出来れば・・・と心から願っています!

 
インチョンの街の風景(駅・中華人街・日本人街)

%e5%86%99%e7%9c%9f8%e5%86%99%e7%9c%9f9%e5%86%99%e7%9c%9f10

 

 

本日神戸新聞朝刊とWEBに記事が掲載されました!!

今月中旬頃の16・17日に小林種苗研究農場にて
創設以来初めての第一回オープンデーを開催しました。

果菜類・根菜類・軟弱野菜・葉菜類など
様々なブースを設け
広い面積を活かした野菜の展示や
休憩所には小林種苗自慢の
野菜の試食を行いました!

二日間の来客者数は約300人ほどです
WEB神戸新聞NEXTはこちら

https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201611/0009686070.shtml

 

Home

明治43年日本(国内)最大級の品揃え小林種苗ホームページはこちら
検索

Return to page top